商品特長・製造方法

国内において、微粉砕加工している加工業者はじめ加工品は大量に出回っています。
当社の製品の最大の特長は、通常の5〜10倍を誇る微粉砕した粉末の細かさです。

通常販売されている商品は、100〜500ミクロン粉末が主流ですが、
当社は、10〜100ミクロンと業界の常識を覆す程の細かさなのです。

この技術があるからこそ、農産品だけではなく、水産品にも応用が可能です。
(水産品については、海苔をはじめ可能ですが、受注粉砕となります。)

一般粉末であれば、通常温度の水で溶かそうと撹拌しても溶けきれないことが多いのですが、当社粉末であれば、驚くほど簡単に短時間に溶けてしまい、飲んでもザラつきを感じることがありません。
食品というよりも、化粧品のパウダーのような細かさだと認識していただくと良いと思います。

更に、素材本来の栄養素や色を活かすことが出来ます。
通常は、気流粉砕という方法が多いのですが、当社は加工時において熱が発生しにくくしていることから、ほとんど素材を痛めることがありません。(特殊減圧乾燥機使用)

そして、小ロット加工が可能です。
大型機ではなく、小型機による受託粉砕加工も可能ですので、新鮮な素材を必要なだけ、新鮮なうちに粉末にすることが出来るということです。

玄米・大豆レベルの油分の多い食材にも対応します。
当社機械開発は、豆乳でアメリカ進出を果たしているミナミ産業様との技術提携によるものであり、そのミナミ産業様の商品である大豆加工で証明されています。

食品アレルギー対策にも対応しています。
加工機械が小型であることから、一部屋で一つの素材しか加工しないということが実現できていることと、小型であることから、機械を丸ごと洗浄してしまうことが可能なことから、食品アレルギー素材の混入が避けられるということなのです。